extail blog [犬猫用ケージ・ペットゲート エクステイル]

大切なペットと快適に過ごすためグッズにはこだわりましょう!extailではインテリアに合わせたハイエンドな犬猫用ケージやゲート・用品等を国内製造し おすすめしています。

*

愛犬・愛猫との引っ越しやリフォーム、模様替えをする際 愛用のペットハウス(ケージ)はどうしたらいい?⇒ extailの場合

   

sDSC_9555[ 色鮮やかなアイスランドポピーが咲く頃となりました ]

extailに わんちゃん用、猫ちゃん用ケージのお問合せを頂く際 ペットさんのお迎え入れ以外でいえば
●新しいマイホームに入居する  ●引っ越しを機に ●リフォームのタイミングで   はたまた  ●ペットハウスがかなり傷んできたので新調しようか などなど・・
といった ペットライフ環境を新たに変える必要が出てきた際のお尋ねがかなり多いので 今回は 私たちextail の ケージを購入したとして 買ったあとのメンテナンスはもちろん カンタンにバラして転居先で使える? 修理とか出来るのかしら・・ といったお話をしたいと思います。

というのも  有名北欧デザイン家具ブランドのおしゃれで低価格なベッドなどはバラして再組み立てすることが非常に困難で引越し業者さんに断られたり保証しないといった話を聞く機会があったからです。

― 引っ越しラクっとNAVI さんのブログより ―
本当に引越し会社は、IKEAの家具を運んでくれないのか?運んでもらえる方法を聞いてきた。

引越しの際に、IKEAの家具を運んでもらおうとしたら、分解して、組み立てることが、保証対象外になってびっくりというお話が、話題になっていました。

結構、いろいろなところで言われているお話なので、知られていると思ったのですが、まだまだ認知がなされていないようですので、今回は引越しラクっとNAVIが、引越し会社の中の人たちに真相を聞いてきました。
ではまず、引越し屋さんがみなさん言っていたので、最初に大前提のお話をしますね。
IKEAはスウェーデンの企業です。
そしてヨーロッパでは引越しの際に家具を持って行く文化がありません(少ないです)。
ですから、組みたてた家具を分解するという前提で家具が作られていません。
ましてや、もう一度 組み立てて使用する という考えかたではありません。
その結果、IKEAの大物家具を分解して組み立てる場合、パズルの様に迷惑なつくりが多いのです。
ということで、IKEAの文化が、日本の引越し文化と違うよ!ということのようです。

・・・以下 省略

一部引用でのご紹介でした。

いざ引っ越し となっても 大物家具は分解しないとドアから出せない場合が少なくなく 中途半端にバラしても輸送が非常に困難になりますし 木製家具の組立の際に「ほぞ」(穴に差し込む突起の部分)に木工用ボンドを塗って差込むような仕組みだとやはり組み立て直すってことは難しいですよねぇ。 中には再度組み立てることが可能なものもあるようですがそれを前提として選んで購入する ということもなかなかしにくいでしょうから やはり 注意が必要ですね。。

それを踏まえて ホームセンターやネットショップでよく見かける市販の(extail以外のほとんどの)ペットケージ・サークルなどは そういった場合どうでしょうか。
お使いになったことがある方はよく分かると思いますが  上記の北欧家具メーカーと同じように 生産コストを可能な限り低く抑えながら大量生産が出来るような企業努力をされておられます。 しかし相違点としてはカンタンに畳んだりバラしたり出来るものが多いです。それはつまり デザイン優先のインテリア品ではないからです。

どちらかと言えばツール(道具)的な感覚ですね。 必要なときに必要な数だけ使い 不要になった場合は仕舞う、処分する。 そういった意味では合理的なアイテムですよね。 価格も抑えつつ、いい道具として機能させる。 それらが国内・海外問わず 一般に大量に作られ使用されているスタンダードなケージ・サークルです。 [以前に比べだいぶ定着してきまして ご存じの方も多いと思いますが ゲージ って呼ばない方がいいですよ(小声) 誤用ですので・・]
と、 ここまで 長くなりましたが じゃあ extail ケージはなにがどう違うの? というお話です。 ひとことでカンタンに言ってしまえば

『頑丈で壊れにくく カンタンに組立てやバラして 再設置が可能で 修理・改造も可能なかぎりでお受けし ペットが快適に過ごせることはもちろん インテリア品の要素も兼ね備える スタイリッシュなツール としてのケージ』

といった感じでしょうか。 ちょっと長い ひとこと ですが (^_^;)

では実際にどんな感じで組み立てるのかご紹介しますね。
こちらは幅・高さ・奥行き が60cm の一番スタンダードな小型犬用ケージ 6M メッシュ の完成品です。
sDSC_8735

◉ 奥面パネルを仰向けに寝かせて
◉ 両サイドパネルを上から差し込み
◉ 扉面を上からかぶせて ・・
組立て1

◉ 本体組立ネジを使ってキャスターを固定し
◉ 天面も同様に組立てネジを使って取付け
◉ 起こして アクリルトレー(底板)を中に入れて、完成です
組立て2とってもカンタンですよね。

そしてこちらの extailで大変人気の 猫さん用2段ケージ Superior (スーペリア) 一見すると組立てや分解が大変そうですが 意外とそうでもないんですよ。
sDSC_9461(2段目の載せ・外しの際はお二人での作業をお願いしております)

こちら ↓ の動画後半に写真を並べてカンタンな組立て手順をご紹介しておりますのでどうぞご覧下さい。

角パイプのフレーム構造ですから 本体自体がしっかりしていますので小型犬から大型犬用、そして高さのある猫さん用ケージまで統一したデザインでご提案出来るわけです。

組立て・分解がしやすいという点に加え もう一つ、extailでは自社で製作していますので可能なかぎりで 修理・改造 組み増しもお受けしているんです。 いわゆるペットさんハウスのリフォームが出来るということですね。

※ ご要望をお伺いしてリフォーム仕様のご提案とお見積りをお出しするのですが 特注製作品や形状・使用パーツによっては 完全にご希望に添えない場合がありますので予めご了承下さいませ

ここ最近、そういった改造・修理のご依頼が続けてありましたので 4例ほどご紹介します。

1) おトイレが苦手なイタグレさんがお使いのケージ、 数年経ってトイレスペースが傷んできたので該当パーツをお作り替えしました。
sブログ用写真等2 のコピー

2) トイプーさん用のケージに新たにトイレスペースを増設拡張しました。
sブログ用写真等1 のコピー

3) 新しく仔猫さんをお迎え入れするために今お使いのケージの前扉面を透明板に替えて両サイドと奥面を仔猫さん用の柵にお取り替えしました
sブログ用写真等_のコピー

4) 現在お使いの2段キャットケージの上に色を変えてもう1段増設しました。 こちらは降ろして単体でも使えるような仕様にしております
sブログ用写真等 のコピー 2

家族の一員としてすっかり定着してきた わんちゃん・ねこさんたち専用のお部屋、extailでは お引越し・(拡張などの)改造・(パーツやパネル・フレームなどの)修理 といった  移設・リフォームも可能ですよ というお話でした。

現在extailケージをお使いのオーナー様、もしお引越しをされる際に業者さんに一時解体・再設置をお願いする際は お届け時に同封した(お一人づつご注文ごとにお作りしている)組立手順書 をお渡し下さいね。 スムーズに作業してくださると思います。

[追記]   extailケージをお使いのオーナー様より本ブログの内容をご覧頂いて以下の様なコメントを寄せて頂きました!
『  うちもこの間引越しをしたのですが、引っ越し屋さんが、よく考えて作られてますね、って言ってました。分解もしてくれて、組み立ても簡単にしてくれました(*^^*)  』
とのことです。ありがとうございました  m(_ _)m

extailに ご興味を持って頂けましたらどうぞ こちらよりご覧下さいませ。
http://extail.com/

それではまた。
extail 社員犬 -web info 304-

 - ねこさんについてなど, 社員犬talk , , , , , ,